院長よりご挨拶

新小文字病院は医療の原点である「患者様中心の医療」を貫き通します。

新小文字病院 院長

新小文字病院 院長

甲斐 秀信

 新小文字病院が門司区大里新町に新築移転してからすでに丸7年が経ちました。
この間、地にしっかりと根を下ろし、職員一丸となって救急医療をはじめ急性期医療に真っ向から取り組んで参りました。その結果、着実に信頼を得つつあると実感いたしております。地域のすべての人々から、「健康のことは新小文字病院が守ってくれる。だから、安心して暮らせる」と言っていただけるような良い病院を創る、それが私たちの夢です。

 地域の皆様に申し上げます。新小文字病院をどうぞ頼りにして下さい。私たちは皆様の健康の番人になりたいと思っています。どうぞ私たちの病院をしっかり見て下さい。そして、良い病院を育てるために、皆さまの知恵と力をお貸しください。

 医療や保健、救急など、地域の安心安全の業務に関わるすべての皆様に申し上げます。新小文字病院を大いに活用して下さい。私たちが誇る医療技術や高性能の機器などを存分にご利用ください。私たちは皆様としっかりと連携して、住みやすい豊かな街造りに貢献したいと考えています。

 “人さまのお役に立ちたい” “医療の現場で活躍したい”と夢を抱いておられる皆様に申し上げます。私たちの仲間になりませんか? 新小文字病院は、「救える命を助けよう、病気で困っている人を助けよう。」を実現するために集まった仲間達です。「手には技術、頭には知識、患者様には愛を」の理念の下、切磋琢磨する仲間達です。
一緒に夢を実現しましょう。