在宅療養後方支援病院

新小文字病院の主な役割

在宅療養後方支援病院は、平成26年度診療報酬改定で新たに登場した制度です。私たち新小文字病院は、北九州医療圏の地域医療の担い手として、在宅医療を支えるため在宅療養中の患者様の緊急時には24時間365日迅速に対応し、必要に応じて入院の受け入れをいたします。

制度利用の流れ

在宅療養後方支援概要

1.事前登録

新小文字病院へ緊急入院を希望している患者様を事前に登録します。在宅療養後方支援病院の登録は在宅療養中の患者様が対象となります。制度をご利用いただく事を希望されている患者さまに、「かかりつけ医」を通して事前登録をしていただきます。

受付時間 月~土8:00~17:00
電話番号 093-391-1001(代表) 医療連携室

2.情報交換

患者さまに関する定期的な情報交換をかかりつけ医と行います。(3ヶ月に1回以上)

3.体調不良時の連絡・受診

体調が不安な場合、かかりつけ医の先生に相談・受診をして下さい。

4.紹介受診

かかりつけ医の判断で、精密検査や緊急入院が必要なときに、新小文字病院が、24時間体制で優先的にお受けいたします。

5.退院

早期の介入で退院調整を実施します。

在宅医療を担当されている先生方へのお願い

患者さんに緊急時の入院先病院として、事前に同意をいただきます。

1.「入院希望患者様登録書」を記載して下さい。
2.医療連携室へFAXして下さい。患者様へ1枚複写を渡し、原本は貴院にて保管して下さい。

定期的な情報交換をさせていただきます。(3ヶ月に1回以上)

1.3ヶ月に1度のペースで当院より現状確認のご案内をFAXさせていただきます。
2.必要事項を記載の上、医療連携室へFAXにて返送して下さい。

在宅療養後方支援病院 入院希望患者様登録用紙

入院希望患者様登録用紙(入力用)(PDF:56KB)

入院希望患者様登録用紙(手書用)(PDF:56KB)

入院希望患者様登録用紙(Excel:43KB)

リーフレット

在宅療養後方支援病院のご案内(PDF)