診療科目のご案内

社会医療法人財団 池友会 新小文字病院 福岡県北九州市門司区大里新町2-5 TEL:093-391-1001 新小文字病院は日本医療機能評価機構認定病院です

形成外科

形成外科イメージ形成外科イメージ形成外科イメージ

機能回復とQOLの向上を目的とする専門外科です。

 形成外科は外科系診療科の中の一専門分野であることは、ご承知のとおりです。
一般に「外科系診療科」は、(1)生命を救うこと(救命)、(2)痛みを除去すること(除痛)、(3)機能を回復すること(機能回復)、加えて(4)社会生活の質(QOL:quality of life)を向上させることを目的に、手術的治療を行います。この中で、形成外科は主として、機能回復とQOLの向上を目的とする専門外科です。

 形成外科には大別して二つの専門領域があります。
一つは、組織の異常、変形や欠損などの「疾患」を治療対象とする「再建外科」であり、もう一つは、疾患とは言えないが、ご自身が大変気にしている微妙な形状を治療対象とする「美容外科」です。
再建外科は「生まれつきの、またはけがや癌などで変形したり失われた体の表面や骨の異常を、機能の回復のみならず形も正常に近い状態に再建し、QOLの向上に貢献する」専門領域です。
また、「美容外科」は、客観的には病気と認められない細微な形態変化を外科的に修復して、生活の満足度を向上させる専門分野と言えます。ただし、医療法上は形成外科と美容外科は各々独立した標榜科となっています。

その中で―
〈1〉日常生活に即した治療:必要最低限の通院(例えば、仕事でなかなか受診できない場合は、自分で消毒をしていただく。)
〈2〉患者様の希望に耳を傾け、最も適した治療方針を決定する。このため初診でたとえ患者様の希望があったとしても、直ぐに手術ということはありません。(一度自宅に戻って考えていただく。)
〈3〉常に新しい情報を取り入れ、最新・最良の治療方法を選択する。
〈4〉出来る限り痛みを与えない治療
―を心掛けています。

 当科の特徴としては外傷の治療に力を入れ、24時間態勢で臨んでいます。
擦り傷から重度の熱傷、切断指までが対象です。これら外傷を受けた組織を元の状態に戻し、出来るだけ傷跡を残さないように縫合していきます。組織に欠損がある場合は、皮膚移植や、周囲の皮膚や筋肉などを移動して傷をふさぎます。必要に応じて顕微鏡下に直径約1mmの血管を縫合して遠くの組織を移動します。
この他にも眼瞼下垂症(瞼の垂れ下がり)、腋臭症、再建外科、難治性潰瘍(褥瘡や糖尿病性壊疽など)、体表面の軟部腫瘍の治療、美容外科およびリンパ浮腫の手術治療など様々な治療を行っています。地域医療としては、特に褥瘡難治性腫瘍を持つご高齢で在宅医療を希望される方への手助けをしております。
形成外科は上記のように、特定の臓器(呼吸器外科、脳神経外科など)の病気を治療対象とする外科ではなく、全身のあらゆる部位の異常や形態変化を治療対象としていますので、他の診療科と多くの境界領域を持っています。
形成外科で治療を受けた方々が、笑顔で再び社会生活に復帰してゆく姿を見ることが、形成外科を専門とするわたしたちの最高の喜びです。

担当医紹介

木股 完仁

木股 完仁

形成外科部長北里大学 昭和61年卒

資  格 日本形成外科学会専門医、日本褥瘡学会認定師、日本創傷外科学会専門医
      日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医

所属学会 日本形成外科学会、日本褥瘡学会、日本美容外科学会、
      日本静脈経腸栄養学会 等


新小文字病院 形成外科 年間の患者数及び手術件数

2018 2017 2016 2015
形成外科新患者数 508 786 742 727
形成外科入院患者数 200 286 264 202
2018 2017 2016 2015
外来手術 全身麻酔 8 2 1 0
腰麻・伝達麻酔 1 2 5 0
局所麻酔・その他 374 490 545 368
合計 383 494 551 368
入院手術 全身麻酔 107 181 145 119
腰麻・伝達麻酔 31 54 31 36
局所麻酔・その他 102 165 119 96
合計 240 400 295 251

手術内容区分 手術件数
2018 2017 2016 2015
Ⅰ.外傷 187 341 374 278
Ⅱ.先天異常 8 7 2 2
Ⅲ.腫瘍 264 322 275 211
Ⅳ.瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 14 31 15 13
Ⅴ.難治性潰瘍 61 84 50 46
Ⅵ.炎症・変性疾患 44 50 86 57
Ⅶ.美容(手術) 0 8 0 0
Ⅷ.その他 32 37 21 1
Extra.レーザー治療 13 14 23 11
大分類計 623 894 846 619