求人募集一覧

社会医療法人財団 池友会 新小文字病院 福岡県北九州市門司区大里新町2-5 TEL:093-391-1001 新小文字病院は日本医療機能評価機構認定病院です

先輩職員よりメッセージ

先輩からのメッセージ

新小文字病院の現場で働く先輩から、職員を目指す皆様へのメッセージです。

先輩からのメッセージ

先輩イメージ

いろんな部署で働かせてもらえるのでとても勉強になり、やりがいがあります。

 私は、新小文字病院に就職して、5年になります。入職した年が門司に新築移転した時で、新しくきれいな職場で、働きやすい環境だと感じました。臨床工学技士としての業務は多種多様で、スタッフが部署ごとに固定されておらず、いろんな部署で働かせてもらえるので、とても勉強になり、やりがいがあります。また、医師や看護師など様々な職種の人と関わる機会があり、業務においても連帯していて強いチームワークを感じることができます。仕事以外でも、院内旅行などイベントが充実しており、私も友人と北海道にスノボーに行かせてもらって、楽しい体験ができました。私はまだまだ未熟ですが、これからも修練して地域医療に少しでも貢献していきたいと思います。ぜひ皆さんと、一緒に働ける日を待っています。


先輩からのメッセージ

先輩イメージ

『話せる、学べる、出会える』

私は言語聴覚士として、失語症や摂食嚥下障害により思うように話しをしたり、食べたりすることが難しくなった患者様のリハビリを担当させて頂いています。この病院で働くようになり感じることは、『話せる、学べる、出会える』 素晴らしい環境が整っている職場であることです。

『話せる』 とは、病院全体がリハビリの重要性を理解してくれているため、高い意識を持った経験豊かなスタッフと話し合いながら患者様にアプローチできることです。新人のセラピストは、迷うことや悩むことも多いため、分からないことがあるときに相談出来る先輩や先生がいるということが何よりも心強いと思います。

『学べる』 とは、院内だけでなく院外の学会・研修会等の参加も積極的にサポートしてくれるなど、教育体制が充実していることです。院内の勉強会で基礎的な力をつけると共に、学会や研修会で日本のトップレベルの先生方から最先端の知識や技術が学べる機会は、セラピストとしてのレベルアップには欠かせないことだと思います。

『出会える』 とは、沢山の患者様と接する機会があるということです。以前、尊敬する著名な先生の研修会に参加させて頂いたとき、その先生に「どうやって勉強すればいいでしょうか?」と質問したところ、先生は「多くの患者さんに接して、一人一人しっかりとリハビリをすることだと思う。その中での気付きはなによりも勉強になる。」というものでした。発症早期から日々症状が変化する患者様から学ぶ機会があることは、自分にとっての最高の経験になっています。

様々なスタッフと相談し、学びながら、多くの患者様の改善のお手伝いができる、この素晴らしい環境でこれからも情熱を燃やし続け、最良のリハビリテーションを追及するチームの一人として今後も頑張っていきたいと思います。